本文へスキップ


トップ
電話番号
営業日

ナビゲーション





SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

トップテクノは「持続可能な開発目標(SDGs)」の実現に貢献します。


SDGsとは

   

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは, 2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として, 2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」 に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。 7のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」 ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的) なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

トップメッセージ

SDGsは特別なことではありません。
通常の経営改善、業務改善の中にある身近なものです。
実際SDGsが掲げる17のゴールの中で、「働きがい」「ジェンダー平等」「つくる責任」「技術革新」「エネルギー」等、 2015年以前より実践していたものもいくつかあります。
私たちはSDGsを世界に通じる「共通言語」ととらえ、これからも事業そのものによる「社会課題の解決」を目指します。


有限会社トップテクノ
代表取締役 市野好一

代表写真

トップテクノのSDGsに関する取り組み

トップテクノは、「優れたものづくり、優れたサービスを通じて世の中の幸せに貢献する」という経営理念のもと、 熱に関する知識や経験を人々に届けることを目指し、良質なヒーターの提供に取り組んできました。
持続可能な社会の実現と美しい地球環境の保全のために、トップテクノは今後も引き続き、 サステナビリティに配慮した誠実で責任ある事業活動を行うとともに、ヒーターの温もりを 活かして世界全体の持続可能な社会の実現に貢献していきます。

働きやすさ・働きがい

女性が輝ける「仕組み」と「環境」を提供し、自らがやりたい・やってみたいことを自由に表現し、働く女性を応援します。 昨年度実績:年間休日数126日、有給取得率60%以上、今後もホワイトな企業であり続けます。 社内全体から広く意見・アイデアを募集し、形にするところまでを積極的に推進しています。 社員一人ひとりのスキルアップやモチベーション向上を通して会社の成長・発展を目指します。

製品・サービス

トップテクノでは現状に満足することなく新しいヒーターの開発、提供を目指しております。 製品のみならず、お客様からの相談・質問などに対し、熱に関するトータルサービスを提供します。 品質に徹底的にこだわり、正しく安全にかつ簡単に使用できるような製品の工夫、丁寧でわかりやすい情報を提供していきます。 また、実際に使用しての感想・問題点を確認し、最終的な問題解決まで導くことがヒーターを提供する私たちの責任であると考えています。

環境

お客様との打ち合わせ、製品のご要望を詳しくヒヤリングすることで無駄のない(消費電力を抑えた)ヒーターを提供します。
結果、ヒーター(及び周辺機器)の寿命を伸ばし、ひいては省エネ・環境保全へと繋がります。